米どころ、酒どころ、佐賀県鹿島市の矢野酒造様に伺いました。(^_^)

創業寛政8年。200年の伝統を持つ、歴史ある蔵です。長崎街道沿いに築100年を越える風情ある蔵が建ち、母屋は国登録の有形文化財でもあります。

代表銘柄は『肥前蔵心くらごころ』。ラベルの見た目もやさしい味わいがにじみ出ています。(^^♪

シンプルでありながらオシャレ・・・!(^^)! 大分県では特約店がないのでまだ流通されておりません!

造り手の矢野元英さん(常務取締役)1981年生まれの36歳・・・佐賀の日本酒業界の期待の星★です。(^_^)

蔵に戻る前は、横浜で美術館に勤務されていたとの事。どおりでオシャレないでたちです・・・(^.^)
お忙しい中丁寧に蔵を案内して頂きました・・・ m(__)m
ラベルも一本、一本丁寧に気持ちのこもった手貼り作業・・・。現在の販売中の酒を全品試飲させて頂きました・・・(^_^)v
味わいは、酸が少し高めですが旨みとの調和がとれていて飲み疲れしない酒だと感じました。

今からの季節、ワイングラスで香りを楽しみながら旬の食材とで食中酒としていただきたいです。(^_^)

とにかく、造り手の『お洒落さ』『品の良さ』『やさしさ』『真面目さ』がギッシリと詰まったウマい酒です。(^^♪

近日到着予定ですのでお楽しみに・・・(^.^)
帰りの際はやはりおキレイでおシャレな奥様と最後まで初対面の私に寄って来てくれた人なっこいワンちゃんとでお見送りをして頂きました。(^.^) 『今度は是非別府にお越しください!』と御挨拶し蔵を後にしました。 お忙しい中本当にありがとうございました。

 

酒類米穀事業部 尾藤