病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、日本赤十字社さんが献血のご協力をお願いしています。

人間の血液の量は、体重の約13分の1と言われています。血液の量の12%を献血しても医学的には問題がなく安全なもので、献血後の血液の「量」は水分を摂取することにより短時間で回復するそうです。健康な方は是非ご協力を……

LPガス事業部  中村