日本全国に強い寒気が入ってきました。
エトーシンのある大分県別府市も寒いです。
この寒さで湯気も多くなってイメージ的には温かそうな地域なんですが…やっぱり寒いです。
こんな日はこたつに入ってゆっくりとお酒でも…と言う気分になりますよね。

と言うわけで…
先日、鷹来屋の梅酒を2種類を飲み比べてみました。

鷹来屋梅酒
粕取梅酒

どちらも鷹来屋の梅酒ですが、全く違う味でした。

オレンジラベルの鷹来屋梅酒は、鷹来屋の本醸造クラスの日本酒で漬け込んだ本格派梅酒。
辛口の日本酒が人気の蔵元なので甘いですが辛口です。
…わかりにくいですね。
お酒としては辛口ですが、梅酒の甘さがあるんで強い印象でした。
香りが高くて旨みが濃くて。
ハッキリ言って好みでした。

続いて緑のラベルの粕取り焼酎仕込み鷹来屋梅酒。
「粕取り」とは?
酒粕を搾ってつくる粕取り焼酎で仕込んだ梅酒です。
酒粕から造るんでクセのある味になります。
このクセにハマると逃れられないと聞きました…怖いですねぇ。
ちなみに、鷹来屋の酒粕もかなり人気の商品なんですよ。
リピーターさんやお取引先さんからも入荷と同時に注文が入ってどんどん無くなっていく人気商品です。

では、そのお味は…飲んだ後に残る味がなかなかクセがありますね。
この味がイイと言う人がいるのも分かる気がしますが、未熟な私にはちょっと早いのでしょうか。
しかし、旨みは抜群ですね。
どちらも甲乙つけがたいですが、結局飲み易くて美味しい鷹来屋梅酒が気に入りました。

みなさんはどちらがお好みでしょうか?
酒類米穀事業部 本田

↓ご注文はこちらからどうぞ。


鷹来屋梅酒1800ml

鷹来屋梅酒720ml

粕取焼酎仕込み
鷹来屋梅酒1800ml

粕取焼酎仕込み
鷹来屋梅酒720ml